前頭部がスカスカ

前頭部がスカスカだと気づいてから悩み始めました。

飲んでいた時額の生え際の後退を指摘された

 

友人数人と飲んでいた時、

 

「お前のここ・・・」と僕の額の生え際を指し、

 

「生え際がヤバイよ。かなり後退して来たんじゃないか?」と言いました。

 

 

生え際が後退していることには気づいてはいたんですが、何の対策もしていなかったんです。

 

 

髪をかきあげ手洗いの鏡でマジマジと生え際を見ると、短い毛がかなり増えているのに驚きました。

 

 

思ってた以上に後退していた生え際。

 

 

育毛の教科書

「こんなに生え際が薄くなったはどうしてなんだ?」とネットや本で調べるうちに原因が分かってきました。

 

そこからすぐに対策を始めたところ、額の生え際の悩みは解消していったんです。

 

 

前頭部の生え際が薄くなった原因や解消した方法について紹介します。

 

 

 

髪が成長できない原因

 

額の生え際が後退するときは、何故か産毛のような細くて短い毛が増えます。

 

それは栄養不足で髪が成長できず抜け落ちてしまうことが原因なんです。

 

太く長い毛が育たず早く抜けるために、生え際が後退していくことになります。

 

 

頭皮の血液の流れが悪くなる

 

髪の毛が成長しない原因は、頭皮環境にあります。

 

 

頭皮が汚れていたり血液の流れが悪い頭皮環境では、髪は栄養不足になってしまうからです。

 

 

栄養が不足すれば髪の毛は成長できません。

 

必要なことは、頭皮の血流を良くして栄養が届くようにすることです。

 

 

頭皮の悪性男性ホルモンの問題

 

もう一つの問題は頭皮の男性ホルモンです。

 

男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)という悪性の脱毛ホルモンに変わることで、抜け毛が起こります。

 

だからこの悪性の脱毛ホルモンを減らすことで、抜け毛を止めることができるんです。

 

 

前頭部がスカスカになるのを止めるポイント

 

次の2つのポイントが明らかになりました。

 

頭皮の血行を改善する。

 

悪性男性ホルモン(DHT)を減らす。

 

 

病院で薬を処方してもらうという選択肢もありますが、副作用の問題が無視できないので、受診はしませんでした。

 

 

頭皮の血行を良くする方法

 

有酸素運動で頭皮の血流を改善する

 

軽い全身運動をすることで頭皮も含めて全身の血行が良くなります。

 

週に3〜4回は会社の手前の駅で降りて早歩きしたり、休みの日には30分のウォーキングを実施しました。

 

 

副作用の無い育毛剤

 

男性ホルモンの問題は、運動だけで解決できる問題ではありません。

 

悪性男性ホルモンを減らすには別の対策が必要になります。

 

そのために、悪性男性ホルモン(DHT)を減らす成分の入っている育毛剤を探してみることにしました。

 

スカルプ5,0c

そうして自然素材を使った無添加のスカルプ5.0Cを見つけたんです。

 

スカルプ5.0Cには、悪性男性ホルモンを抑えるイソフラボンが入っています。これは育毛効果のあるとされているミノキシジルのさらに3倍もの効果があるというキャピキシルに含まれている成分なんです。

 

また、頭皮の柔軟性を高めるマイナスイオン水を使っているので血流の改善が期待できます。

 

 

悪性男性ホルモンを抑えるイソフラボンが入っているんです。

 

 

育毛の教科書

直ぐにでも注文をしようとしたんですが、育毛剤は高額なのでしばらくためらっていたんです。

 

でもそんなことでは、生え際はもっと後退するので悩みました。

 

最後は60日間全額返還保証が背中を押してくれ注文ができました。

 

 

ザ・スカルプ5.0Cを使ってみた感想

 

スカルプ5,0cはサラサラで無臭でした

3日後にスカルプ5.0Cが送られてきました。
開けるときなんだかドキドキしました。
中から出てきたのは育毛剤とはわからないような可愛らしい白い容器。

 

手の平に少し垂らしてみると、

 

育毛剤独特の臭いはなく、無臭でサラサラとさっぱりした感じでした。

 

 

スカルプ5.0Cを6か月間使っても副作用も起こっていません。額の生え際は、3か月目になると髪は太くなってきて豊かになってきました。

 

 

髪全体がボリュームアップしたんです。

 

 

先日、友人との飲み会で、
「あれ?なんか髪の毛増えてないか?」
と言われました。

 

これには心の中でガッツポースをしましたね(笑)

 

 

>>前頭部のスカスカ状態を救ってくれた【ザスカルプ5.0c】の詳細

 

 

 

更新履歴